"七世代先の未来の子どもたちに 今 僕らが残せるものは何なのか"
綺麗な水や海、美味しい空気、豊かな自然を残すにはどうすればいいのか。ひとつの答えがでた。これらは全て森から創られていたのだ。僕らはこの地球という惑星の一部だ。微生物、土、植物、動物、人間。森の中に入ると全て繋がっていると感じることができる。社会も自然と繋がっていくことはできないのか。人間は産業革命以降、早さと経済が優先される生き方となってきた。そして多くの大切なことが分業されてしまった。歌とはなにか。本来、人が繋いできた歌とは、生活のリズムだ。そして合唱とは人と社会をよりよく動かすことのできる芸術表現だ。世界では合唱の力で平和な社会を築いた例がたくさんある。ならば僕らもその力を少し借り、この地球と繋がる歌を歌いたい。そして、未来の子どもたちのために歌の力で森をつくっていきたい。土が出来上がるのに何年もかかるように、時間をゆっくりとかけながら。


目的

・水源・本来の日本の森の復活
・循環する森づくりをすることで、未来に続く空気・水を確保する
 
 

MiTAMAの森 完成までの流れ

 
1,山林を購入
 
2,整地、植林
 
3,定期的な手入れ
 
4,交流館の設置、自然農・農場開墾